トピックス

 TOP 次ページ

11月 いきもの編:昆虫

2017年11月

写真左: 草刈りの際に、草をよけたら出てきました。クビキリギリスのようです
真ん中: ヒメジュウジナガカメムシ。体長1cm程、実物はもっと鮮やかなオレンジ色で目立ちました。草の根元で群れていたようで、刈ったら蜘蛛の子を散らすように去っていきました。
写真右: オオカマキリの卵のうのようです

草刈りして、棲み処が急に寒くなって驚いてしまったかもしれません。無事に冬を越してくれますように・・・

このページの最上部へ

11月 定例活動

2017年11月

2017年11月19日(日)
穏やかな陽が差し、小春日和の活動日和でした。
先月の定例活動が雨で中止となり、その分あちらこちらで伸びてしまった草を刈りました。
草に埋もれていたベンチまわりも丁寧に刈られ、遊歩道沿いもすっきりとしました。

このページの最上部へ

小学生の環境学習

2017年11月

2017年11月9日(木)
 地域の小学5年生が、環境学習の授業の一環で水沢の森を訪れ、水沢の森人の会のメンバーと交流しました。グループに分かれて一緒に散策しながら、会の活動を説明したり、小学生の様々な疑問にお答えしました。各クラスとも最後には、会の活動の定番作業のひとつのセイタカアワダチソウ抜きを体験してくれました。

このページの最上部へ

かいぼりを行いましたA

2017年11月

2017年11月3日(金・祝) 
 かいぼりに先立って行われた池のガマの手入れの様子と、いま見ごろのススキ原。
 ガマの茂みは生きもの達の棲み処ですが、繁茂しすぎないように刈りました。
 水沢の森のススキ原は、日頃のセイタカアワダチソウ抜きなどの手入れの甲斐あってなかなか見事です。その見事な感じを写真で捉えるのに難儀し、頼れるメンバーから輝くススキ原の写真をいただきました。

このページの最上部へ

かいぼりを行いました@

2017年11月

2017年11月3日(金・祝)
 水沢の池に、知らぬ間に金魚が多数放されたことがありました。僅かずつ増してきた水生生物の多様性を攪乱する外来種が入ることを心配しています。水沢の森人の会では、できるだけ、人間の都合で駆除などはしたくないと考えていますが、特定外来生物のように壊滅的な影響をもつ生物は、特に用心しなくてはなりません。そこで、外来種の調査と、池の手入れとして、かいぼりを行いました。
 さいわい、今回調べた範囲では、特定外来生物は確認されませんでした。
 立ち寄って下さった農業昆虫専門家にアドバイスいただいて2ヶ所のヤゴを比べたところ、ヤゴの種類に差が見られ、生きものを知ることが手入れの指標のひとつになることを学びました。また季節をかえて調べ、この里山の推移を見守っていければと思います。

このページの最上部へ

10月は雨に悩まされました

2017年10月

2017年10月28日(土)
 今年の10月は雨が多く、定例活動の第3日曜も、その次の日曜も、雨で全体活動ができませんでした。平日などに、各エリアの担当メンバーが作業していますが、水沢の森のあちらこちらで草の丈が高くなり、また、台風や大雨で遊歩道が荒れているところなど、手入れが少々追いついていないのが悩みの種です。
 雨の合間の週末、定例活動ではありませんが、有志で作業を行いました。
水沢の森の近くの社会福祉法人『はぐるまの会』の皆さんが、この日も一緒に作業してくれました。

このページの最上部へ

「花ごよみ」調査を行っています

2017年 9月

2017年9月25日(月)
 水沢の森では、2003年から定期的に、植物の専門家による植物の調査が行われています。
荒れ地だったところから、こつこつ整備が行われて里山らしい環境になってきていることで芽吹きだした在来植物もあれば、増えてしまった外来種もあります。出入りする人が運んでくるものもあれば、周囲から鳥が運んでくるものもあるだろうと思います。
 このような移り変わりを“遷移”といいますが、貴重な観察フィールドになっています。

このページの最上部へ

毒キノコ!?

2017年 9月

2017年9月25日(月)。
 9月の「花ごよみ」調査の際、猛毒のカエンタケと疑われるキノコが見つかりました。
カエンタケは神奈川県では準絶滅危惧種で、稀少なキノコではあるそうですが、「毒性が強く、汁を皮膚につけたり口に入れたりすると少量でも劇症になるので注意が必要。死亡例のある猛毒のきのこ」(http://www.agri-kanagawa.jp/sinrinken/tebiki/kinoko.pdfより引用)だそうです。
今回見つかったのは、遊歩道からわりと近い、森人の看板近くでした。他にもあるかもしれません。
カエンタケは、足でつついたりして後でうっかり靴に触るだけでカブレることもあるそうです。
用心してください。

このページの最上部へ

2017 水沢の森 夜の観察会のご案内

2017年 8月

毎年恒例の、夏の夜の観察会を行います \(^o^)/
  日時 2017年8月19日(土)18:00 〜 20:00くらい 雨天中止
  場所 水沢の森 水路付近
  講師 吉野先生
  各自用意するもの 虫取り網、虫カゴ等。
        長そで長ズボン着用。足元を照らすライト等をお持ちください。
詳しくは、下のチラシ画像をクリックして拡大してご覧ください

このページの最上部へ

地域のイベントに参加しました

2017年 7月

2017年7月16日(日)
 午前の定例活動で、水沢の森の竹林整備で間伐された竹を利用しやすいように準備し、
午後、地域の小学校で行われた防災イベントに、今年も有志が参加しました。
竹を使ったコップやお皿作り体験が、小学生に大人気でした。(^o^)丿
水沢の森のメンバーには、“里山の技”をもつ人が何人もいます。
竹の利用など、折々に、次世代に触れてもらえればと思っています。

このページの最上部へ
森人の会ホームへ