トピックス

前ページ TOP 次ページ
since20190601:11104

11月_定例活動

2020年11月

2020年11月15日(日)
 水沢の森は、ススキ原をはじめ、すっかり秋の景色になりました。11月に入って時折冬の気配も感じられるようになりましたが、この日は陽射しが心地よい小春日和でした。
 今年は、例年行っている行事の断念等もあり、処々の風景の移り変わり方がいつもとやや異なりますが、散歩する人から「ここ和むね」の声が聞こえ、地域の皆さんの「里山風景」であり続けられていることがうかがえました。
下草がそのままになっていた栗林もすっきりしました。

168-1.jpg 168-2.jpg 168-3.jpg
このページの最上部へ

10月_定例活動

2020年10月

2020年10月18日(日)
 作業に適した気候となりました。水沢の森人の会の活動は、里山風景の手入れをしながら、緑と向き合って全身運動する貴重な時間でもあります。この日は、草刈りや草に埋もれた各所の柵の周りの手入れなどを行いました。
 遊歩道脇の竹穂垣が更新されました。竹林作業班が竹林の手入れで間伐した竹の枝を揃えて、丹精込めて作ったものです。

167-1.jpg 167-2.jpg 167-3.jpg
このページの最上部へ

9月_草花編

2020年 9月

 秋の草花が、水沢の森のあちらこちらで見られるようになりました。遊歩道沿いに、コスモスの花や、ゴンズイやサンシュユの色鮮やかな実が目につきます。
写真は、草の陰や根元で控えめにたたずんでいて、見過ごしやすい草花です。
左:ナンバンギセル
中:カラスウリの実
右:ミズタマソウの実

166-1.jpg 166-2.jpg 166-3.jpg
このページの最上部へ

9月_定例活動

2020年 9月

2020年9月20日(日)
 しばらく前までの暑さが去って、じっとしていれば涼しさを感じるような作業日和でした。
先日、授業で訪れた小学生が数名参加し、池の手入れやキビの穂刈りなど、定例活動の実際を体験しました。
草丈高く繁茂した草は、風の通りを遮り、困る虫の多発に繋がりますし、残念ながらゴミが投げ込まれやすい場になることもあるので、手入れを行います。
今秋も、艶やかなススキの穂が出始めました。ススキ原は、水沢の森の見どころのひとつです。

165-1.jpg 165-2.jpg 165-3.jpg
このページの最上部へ

小学生の総合学習

2020年 9月

2020年9月8日(火)
 宮前区内の小学生が、授業の一環で水沢の森を訪れ、森人の会メンバーが案内しました。
 青い空と白い雲のコントラストがきれいなお天気で、木陰を歩くなど熱中症対策に留意しながら、かつ、密にならない等の対策をしながら、晩夏のひと時を過ごしました。
 今年はいろいろな行事が中止や変更を余儀なくされる中、子ども達の体験の機会を支えようと、子ども達にも我々にも心を配られる先生方の姿勢が印象的でした。森人の会も、体調管理や対策を確認し合う機会になりました。

164-1.jpg 164-2.jpg 164-3.jpg
このページの最上部へ

9月 生きもの編

2020年 9月

2020年9月8日(火)
 この日、こんな虫や植物がみられました。ちいさいので見逃しやすいけれど、気づいたかな?
左:ハグロトンボ
中:トチカガミの花
右:ガマズミの実

163-1.jpg 163-2.jpg 163-3.jpg
このページの最上部へ

8月_定例活動

2020年 9月

2020年8月16日(日)
 猛暑が続きますが、水沢の森では、体調管理に気を付けながら、少しずつ手入れを続けています。
 数年前から池でガマなどの水生植物が繁茂していますが、水面が見えなくなってしまうほど広がったため、トンボが羽化&産卵しやすいよう、水面を少し広げる作業を行いました。
 途中10分以上、肩に乗っている蝶がいました。汗が好き…?

162-1.jpg 162-2.jpg 162-3.jpg
このページの最上部へ

2020年度「水沢の森 夜の観察会」は中止です

2020年 8月12日(水)

地域の子ども達が、地域の草花や生きものに親しむ機会となるよう、毎年8月中旬に行っている「水沢の森 夜の観察会」。
実施できるようにと願ってきましたが、今般の状況から、まことに残念ながら、今年度の「夜の観察会」は 中止 とさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた皆さん、ごめんなさい。
状況が落ち着きましたら、水沢の森での各種自然観察会は再開いたします。
その節はまた、よろしくお願い申し上げます。

このページの最上部へ

「花ごよみ」調査を行っています

2020年 7月

2020年7月20日(月)
 水沢の森では、2003年から定期的に、植物の専門家による植物の調査が行われています。荒れ地だったところから、こつこつ整備が行われて里山らしい環境になるにつれて、見られる植物は減ったり増えたりしています。このような移り変わりを“遷移”といいますが、貴重な観察フィールドになっています。
左:やまゆり
中:水玉草
右:ヤブミョウガ

160-1.jpg 160-2.jpg 160-3.jpg
このページの最上部へ

7月_定例活動

2020年 7月

2020年7月19日(日)
 前の晩の天気予報は雨でしたが、作業前ストレッチ体操が済む頃には晴れてきました。「作業するのに暑いよねぇ」と方々から聞こえましたが、マスク越しに笑顔がありました。春に活動縮小した影響で、例年よりも草木が生い茂っていることを、皆が気に掛けていることが伺えました。1時間半ほどの作業ですが、遊歩道沿いの草藪がかなりすっきりしました。
 水沢の森は立地的に、外来生物の侵入を防ぐのがムズカシイところです。外来植物があらたに増えていることが分かると、地道に除く作業をしますが、たやすくはありません。

159-1.jpg 159-2.jpg 159-3.jpg
このページの最上部へ
前ページ TOP 次ページ
森人の会ホームへ