トピックス

前ページ TOP 次ページ
since20190601:00292

かるがも親子

2019年 6月

2019年6月5日(水)
しばらく前から、水沢の森の池で、カルガモが2羽で泳いでいるのがよく見られていましたが、親子で泳いでいる姿が見られました。子育ての場として選んでもらえたようです。

128-1.jpg
このページの最上部へ

畑作業体験

2019年 6月

2019年6月1日(土)
地域の小学生達が水沢の森を訪れ、植付けなどの畑作業を体験しました。その傍ら、この森にはどんな木の実があるのかなど、森人の会員から教えてもらった子ども達もいたようです。
地域の子ども達が土に触れて経験を拡げる場になることは、ここで里山再生の活動をする意義のひとつです。日々の森の手入れはたいへんな時もありますが、生活圏の中で里山の緑に親しめる環境が続くよう願っています。

127-1.jpg 127-2.jpg
このページの最上部へ

春のかいぼり

2019年 5月

2019年5月19日(日)
池の水位を下げて、生きもの調査と、ガマ等の水草の整備を行いました。
水沢の森の池は、里山再生の一環で作られた水路です。いまいる生きものたちは、訪れる人や鳥が連れてきたり、飛べる虫が水路に気づいて寄ってくれたりしているようです。
今回もいろいろなヤゴ等が見つかり、この池がこの地域の生態系の一部であることを実感しました。残念ながら、要注意外来種のタイリクバラタナゴが、今回初めて20匹以上捕獲されました。いつのまにか放されていたようです。
特定外来生物の侵入に用心しながら、多様な生態系が再構築されていく様子を、地域の皆さんと一緒に見守っていきたいと思います。

126-1.jpg 126-2.jpg 126-3.jpg
このページの最上部へ

第3回 かいぼりのお知らせ

2019年 5月

開催日:2019年5月19日(日) 
    午前9時30分〜12時位 〈 雨天中止 〉
場所:水沢の森 天沼・菅池
内容:水生生物の調査、水草の整備

池に入るのは10名程度と考えています。
人数把握のため、事前にご連絡いただけると助かります。
下の画像をクリックして、案内チラシをご覧ください

125-1.jpg
このページの最上部へ

2019年度総会

2019年 5月

2019年4月27日(土)
本年度の総会が実施され、活動報告及び計画が確認されました。
「皆が楽しんで帰れる活動の場」をモットーに、これからも安全第一で作業することを皆で確認しました。

このページの最上部へ

春の竹林整備体験行事

2019年 4月

2019年4月20日(土)
地域の子ども会の皆さん約100名が参加し、春の恒例行事が行われました。人の手入れがあってこその里山であることを、地域の子ども達に伝える大切な機会となっています。
ことしは例年より筍の数が少ないですが、明るい竹林を保つために、竹に育てる筍の本数管理を行っていることなどをお話ししました。
 なお、竹林保護管理のため、地域の子ども達を対象としたこの行事以外の筍掘りはご遠慮いただいています。

123-1.jpg 123-2.jpg
このページの最上部へ

刈払い機講習会

2019年 4月

2019年4月6日(土)
外部講師をお招きし、刈払い機講習を行いました。
水沢の森は、下草の手入れが必要なエリアが広く、手刈りだけでは手が回りません。
機種の特徴・作業前点検・作業時の安全対策・手入れ等について再確認する機会として、適宜、講習会を行っています。作業に従事する可能性のある人は原則的に全員参加しています。

122-1.jpg 122-2.jpg
このページの最上部へ

水沢の里山風景が原体験になることを願って

2019年 3月

2019年3月2日(土)
水沢の森の里山風景の中には、雑木林や竹林だけでなく、里山が人の営みに近いことがより分かりやすい、果樹や畑もあります。公園用地になる前からこの地で行われていたことを踏襲しているところもあり、日々、大切に手入れしています。
この日は、バードウォッチングに参加した小学生が、水沢の森の里山作業を体験しました。
地域の小学校の環境学習や保育園の畑体験などを受け入れることもあります。
これらの活動が、地域の子ども達が将来、自然と関わる仕事を考えるときなどの原体験のひとつになればと願っています。

119-1.jpg 119-2.jpg 119-3.jpg
このページの最上部へ

第32回 菅生バードウォッチング

2019年 3月

2019年3月2日(土)
 毎年恒例のバードウォッチングが行われました。
快晴に恵まれ、気持ちのよい観察会となりました。約20名の参加でした。
カルガモ・アオサギ・ツミ・モズ等々、合計15種が確認されました。
(詳細は、左図をクリックしてご覧ください)
講師の皆さんの丁寧なご指導・解説が好評でした。

118-1.jpg 118-2.jpg 118-3.jpg
このページの最上部へ

陸稲、体験後記A

2019年 2月

2019年2月17日(日)
今回挑戦した陸稲は、トヨハタモチというモチ米品種。陸稲が主食として食卓に載らなくなった現在も、米菓の原料として各地で栽培されている品種だそうです。
 収穫した陸稲にお米を足して、ぼたもちを作っていただき、定例活動後に皆で試食しました。手作業で籾摺りしたため、玄米の色が残っているのが陸稲です。
過去に陸稲の食経験がある人は何人もいらっしゃいますが、陸稲初心者も皆で「陸稲おいしいねぇ」と会話もはずみ、フキ味噌田楽と一緒に、里山の恵みを楽しみました。
 一年前には遠い存在だった陸稲が、いつの間にやら、身近に感じられるものになりました。

117-1.jpg 117-2.jpg 117-3.jpg
このページの最上部へ
前ページ TOP 次ページ
森人の会ホームへ