トピックス

前ページ TOP 次ページ
since20190601:17469

地域の生きものだより

2021年 9月

 水沢の森の観察会は、子ども達が地域の緑や生きものに親しむ機会として好評です。今夏は実施を見送りましたが、世の中が落ち着いたら再開します。
 観察会ファンのニックネーム“ダンデ”さんから、地域の生きものだよりをいただきました。今年ご自宅にツバメが飛来し、巣作りからヒナの巣立ちまで、小学生のお子さんと一緒に見守られたそうです。
 ツバメの子育てには、エサとなる昆虫(ボウフラや小さな羽虫など)が生息する水辺があり、巣を作るための土や草があるところが適していると言われます。水沢の森や平瀬川の周辺エリアが、ツバメに選んでもらえる環境を保っていることを教えてくれる、嬉しいおたよりです。来年も近くでツバメに会えますように…

191-1.jpg
このページの最上部へ

すこしずつ、秋の気配

2021年 9月

 今月初旬は気温が低めの日が続きましたが、水沢の森の野草も、秋の気配を教えてくれるようになりました。ススキ原は、すこしずつ出穂しています。
左:ナンバンギセル(南蛮煙管)
中:ヤブミョウガ(薮茗荷)
右:ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

190-1.jpg 190-2.jpg 190-3.jpg
このページの最上部へ

夏場の手入れ_2

2021年 8月

 夏場は、濃い緑を満喫できる季節です。一方で、草の生長に勢いがあり、草刈りシーズンでもあります。里山の景色を保てるよう、植生の変化や草木の伸び具合など、各エリアの様子を確認しながら、ぼちぼち手入れしています。
 風になびくススキ原の中の小径は、草の迷路のような感覚を楽しめて、訪れる子ども達に人気です。人が通ってできた“ケモノ道”のような小径ですが、実はたまに手入れされています。

189-1.jpg 189-2.jpg 189-3.jpg
このページの最上部へ

今夏、「夏の自然観察会」は行いません

2021年 8月

今夏、「夏の自然観察会」は行いません。
世の中が落ち着いてきた頃に、改めて観察会を企画する予定です。
 水沢の森ではこの一年、虫網を持ったお子さんとご家族の姿をよく見かけるようになりました。
行事としての観察会はありませんが、緑や生きものに親しむ機会として、お散歩してみてください。

このページの最上部へ

「かわさき市政だより」宮前区版で紹介されました

2021年 8月

水沢の森(菅生緑地西地区)は、行政と市民グループがパートナーシップを組んで各区に森をつくる「川崎市市民健康の森」事業により2001年に指定された市民健康の森です。
 川崎市の広報誌、「かわさき市政だより」宮前区版8月号で、県立東高根森林公園や飛森谷戸と一緒に、水沢の森が紹介されました。
https://www.city.kawasaki.jp/miyamae/page/0000032025.html

いずれも平瀬川流域の緑地で、それぞれのボランティアグループが横のつながりをもちながら活動を行っています。

このページの最上部へ

7月 夏の生きもの編

2021年 8月

夏は、トンボやチョウ、セミ、バッタ等々、多くの生きものが見られます。
昆虫探しを楽しむ子ども達の姿がよく見られる時期です。
左:オオシオカラトンボ
中:ドジョウ
右:ナナフシ

186-1.jpg 186-2.jpg 186-3.jpg
このページの最上部へ

夏場の手入れ

2021年 8月

真夏の陽射しになりました。熱中症対策には充分留意します。
草地では、セイタカアワダチソウやカナダアネモネ等の外来種が増えすぎないように、気づいたら除きます。
遊歩道沿いの柵を飲み込む勢いで繁茂する草を、できる範囲で刈ります。
竹林では竹が過密にならないよう、生育具合や空の塞がり具合などのバランスを見ながら間伐して、ほどよい竹の木陰を保っています。

185-1.jpg 185-2.jpg 185-3.jpg
このページの最上部へ

7月 夏の草花編

2021年 8月

ビビッドな夏の花が見られるようになりました。
背の高いヤマユリが強い大雨で折れかけたため、支柱で支えました。見事な花を見せてくれました。自生しているものも、種を播いたものも、大切に見守っています。
左:オニユリ
中:ヤマユリ
右:ヒマワリ

184-1.jpg 184-2.jpg 184-3.jpg
このページの最上部へ

6月の草花

2021年 6月

水沢の森は、市街地の中の小ぶりな里山です。広域の里地里山のような生態系ははぐくめませんが、この時期はトンボや蝶類が飛び交い、色彩ゆたかな花々も見られます。小ぶりながらも人と動植物の共存の場となっています。
左:コウゾの実
中:キツリフネ
右:ギボウシ

183-1.jpg 183-2.jpg 183-3.jpg
このページの最上部へ

6月 定例活動

2021年 6月

2021年6月20日(日)
 気温も湿度も高めで、暑くなってきました。マスク着用もふまえて、熱中症対策に気をつけながらの作業です。
夏場は、草木の成長が盛んです。里山風景が緑に埋もれてしまわないよう、草刈りやツル除去などを行います。定例活動日以外にも各班が手入れして、竹林や畑の風景を整えています。
棒で標識して育成している低木の芽の周辺もこざっぱりしました。

182-1.jpg 182-2.jpg 182-3.jpg
このページの最上部へ
前ページ TOP 次ページ
森人の会ホームへ