活動報告

平成17年度

本年度活動の特記すべき事項としては、手作りの管理小屋が完成し、市の助成を得て屋根の緑化を行ったこと、 市民に呼びかけてタケノコ堀り、栗拾いの収穫イベントを開催、多数の参加者があったこと、 定例活動に加えて臨時活動を増やし、作業面積拡大に伴う草刈などの仕事増に対応したこと、 パトロールが各班の努力により順調に軌道に乗ったこと、が挙げられる。機材も草刈機を2台増設し仕事の効率化をはかった。 ()内参加者数。

4月17日
定例活動日にあわせ、第2回市民参加タケノコ堀りイベントを実施。参加市民は約80名、会員と、区地域振興課職員の24名が対応した。
4月24日
地域環境リーダーによる平瀬川・水沢の森での環境学習の協力、向丘小学校3〜5年生50名、おとな20名が参加した。
4月29日
定例総会を区役所4階大会議室で開く。出席者、会員22名、行政6名。
5月15日
定例活動、果樹園、広場に侵入した竹の伐採、チッパーによる竹チップの遊歩道への散布。コスモスの播種。大下区長と区職員3人が来訪、会員が案内した。(17名)
6月19日
定例活動、下草刈りと枯れ枝の処理。(7名)
7月10日
臨時活動、保存すべき低木のマーク付けを行う。(7名)
7月17日
定例活動、雑木林の下草刈り、希少植物保護区域の整備を行う。(17名)
8月21日
定例活動、ドングリ畑、栗林の草刈、枝打ちした枯れ枝の整理。(24名)
8月24日
西部公園事務所との調整会議。(5名)
8月28日
臨時活動、25日の台風ではがれたブルーシート、倒木などの整理。(3名)
9月4日
臨時活動、ビオトープまわりの草刈(3名)
9月11日
臨時活動、19日のイベントにそなえ、広場、遊歩道などの草刈と薪の収集、注意看板を立て、イベント役割分担と打ち合わせを行う。(17名)
9月18日
定例活動、19日の栗拾いイベントの準備と集会場所周辺の草刈。(16名)
9月19日
市民参加栗拾いイベント。水沢の森の概要説明、2チームに分かれて園内観察とマテバシイのドングリ拾い、栗拾い、焼き栗、焼きいも会。市民参加者数は約230名、会員は15名が参加。
9月30日
ボランティア・グループと市民館菅生分館の子育て講座に協力、幼児22人、母親18人が園内の草花見学、木登りや電車ゴッコなどの遊びのほか焼き芋、焼き栗を楽しんだ。会員9名が世話役として参加。
10月11日
臨時活動、ゴミ集積場の整理。(3名)
10月23日
定例活動、木工場跡植栽地の草刈、栗いがと柿の落ち葉処理。(15名)
11月13日
平瀬川ウォークラリー参加者を終着地、水沢の森に迎え、豚汁パーティーで会の活動を紹介。
11月20日
定例活動、管理小屋、苗木畑付近の下草刈り、ビオトープ周辺のススキ等の刈り取り、柿の剪定など。(15名)
11月21日
臨時活動、管理小屋の内装工事、屋根材の防腐剤塗り。(9名)
午後2時より市緑政課、西部公園事務所長、工事業者と現場で工事打ち合わせ。
法政大学の小島教授の講座で学生12名が来訪、会の活動につき説明、懇談を行った。
11月22日
管理小屋の屋根工事完了。
11月25日
臨時作業、管理小屋屋上緑化作業、参加20名がプランターを屋根に設置。
12月18日
定例活動、竹林間伐、倉庫の整理ののち、飛森谷戸の自然を守る会の2人からインディアンテントづくりを学び、テントで忘年会。(23名)
12月25日
臨時活動、管理小屋の整理と防腐剤塗り。(10名)
1月15日
定例活動、竹の間伐、落ち葉溜めづくり。TVKが会の水沢の森と会の活動を紹介する番組の取材、撮影(19名)
1月23日
来年度公園整備工事設計につき西部公園事務所と協議。
2月19日
定例活動、竹林の一部伐採、竹チップづくりと園路への散布、落ち葉かき(17名)
3月4日
平瀬川流域協議会のバードウォッチングを共催。稗原小学校3年生約20名と父母が参加、会員8名がランチ会に協力。また公園工事業者に依頼して笹薮伐採区域へのドングリ苗木を植栽、美しが丘小学校の植林区域として整備した。
3月26日
定例活動、竹林の整備とチップの散布。(10名)
このページの最上部へ

その他の定例活動

外部イベントへの参加

このページの最上部へ

その他

森人の会ホームへ